遺伝子

2012年05月26日

天気がいいですね。
お出掛け日和ですかねぇ。

今日は、DNA検査キットについて書きたいと思います。

数日前、テレビで、効果的なダイエットをするための、DNA検査キットを市販化した人が紹介されていました。

なぜダイエットに、DNA検査が必要なの?については、

DNAを検査することで、遺伝子レベルで体質が分かるので、ダイエット方法の参考に出来るからです。

検査では、

・β2AR:脂肪細胞の代謝に関与。筋肉がつきにくく、一度太ると痩せにくいという特徴がある。
・β3AR:脂肪組織などに存在し、そこに蓄えられている中性脂肪を分解する役割を担っている。内臓脂肪が付きやすいという特徴がある。
・UCP1:ミコトンドリアという小器官の中に存在するタンパク質で、皮下脂肪が付きやすいという特徴がある。

という遺伝子の中で、どのタイプが自分のDNAに多いか分かります。

私が見たのは、その検査キットですが、通販で売ることもなかろうに、と思いながらも、はぁと驚きが。(価格は7800円です)

通販でDNAの検査が出来るのか?
どうやってするの?

という疑問が。

まあ見てみると、そういうことねぇと納得。

検査キットが自宅に送られてきて、サンプルを採取した後、それを検査機関に送って、結果を受け取る、というものです。

検査の流れを詳しく書くと、

1.検査キット内に含まれる「DNA検査申込同意書」に記入
2.自身で検体を採取(採取方法に関する詳細は付属の説明書で確認)
3.検体を採取後、返信用封筒の裏に、綿棒で検体を採取した日付、検査ID(容器に貼付されているシールに印刷されている)、名前、を記入
4.DNA検査申込同意書と検体を提出用封筒に入れ、封をして検査会社に送付
5.検査会社でDNA検査を実施
6.検査会社に検体が到着後7~10営業日程度で、指定した宛先に検査結果が送付される

というものです。

一つ気になるのが、

一般ピーポーのDNAとはいえ、個人情報なので、その管理は大丈夫なのか?という事ですが、

DNAは匿名化された後、IDで管理して、個人を特定出来ない方法で検査されるとの事。検査後のDNAは一定期間保管後、破棄されます。またデータファイルは、個人情報保護規定に基づき、特定の遺伝子のみにアクセスできるパスワードで管理されるようです。

まあ、信じるしかないでしょう(笑)

もう一つ気になるのが、採取方法です。

口の中の粘膜を採取しますが素人の本人がするので、ちゃんと採取しないと正しい検査が出来ないんじゃないのかなぁと。まあ、説明書に書かれているので、余計な心配かもしれませんが。

口コミですが、一件ありました。

検査は本当に簡単。結果も思ったより早く届いた。一度検査しておけばこれからの食や運動を考える上で参考になると思う。結果からのアドバイスが、もう少し細かく載っていたらもっと良かったのに、

との事。

うーん、まあ、検査内容の詳細レベルに応じて、費用が検査キットの価格に反映されると思うので、7800円なら細かく書いてないのは仕方ないかもしれませんねぇ。

ですが、何も知らないよりは、自分がどういう体質か分かるので、いいと思いました。

私の場合、小さい頃は食べてもまったく太らず、骨川筋夫くんでしたが、30歳超えたころから、普通に太るようになりました。

体質、代謝量が変わったといえばそれまでですが、DNAを見てみるのもいいかなぁと思いました。

という訳で、

ダイエット、健康管理のために、自分の体質のクセ?を知る手段として、

DNA検査キット

いかがでしょうか?

検討してみてください。

最後に、
過ごしやすい季節になりました。
休みの日はゆっくりして、体を休めてください。

良い休日を!



levin1600 at 10:46コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
スポンサードリンク
記事検索
--ランキングに参加中--



人気ブログランキングへ

--コミュニケーション--

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ